豊かな文化社会を築く

株式会社たくみ

お問い合わせ先
TEL:023-633-1551
FAX:023-641-6247

宮城地震被災古民家再生工事 「子孫に残す古民家」

A邸再生工事の設計・監理に携わって

再生工事の第一人者の降幡廣信先生(長野)より、山形県高畠町(まほろばの里)にある築後約210年も経つ古民家の再生工事の命を受けました。

平成12年5月にその再生工事をするお宅にお伺いしました。

その家は、茅葺屋根の片側をブルーシートで養生はしていましたが、長年の風雪に耐え悠然とした佇まいを見せていました。

母屋の茶の間(18畳)に案内され、囲炉裏を囲みながら施主様より再生計画の構想をお聞きしました。

特にお爺さんとお婆さんの言葉の端はしに、祖先が築いた家・何代も暮らしてきた家を何とか残したいという強い思いが感じられました。

そのような施主様家族の強い思いを再生計画の基本として、現在のご家族7名が、この歴史ある空間で囲炉裏を囲みながら、快適な生活が出来るように、18畳間を境に古い建物を上げ舞して基礎を高くし、屋根を茅屋根形のカラー鉄板葺きとし、内部の18畳間は太い梁と一部小屋組みを現した造りとしました。水廻り部分と子供部屋は増築し2階建てとしました。

計画から約1年をかけ平成13年5月に完成しましたが、何とか施主様の思いを実現できたのではないかと思っております。

約210年の永きに亘り、A家のご家族と共に見守って来た「木」の住まいに、再び新しい命を与える仕事に携われたことに感謝しております。

A家のご家族の皆々様が、末永く幸福で健康な生活を、お送りなされますようご祈念申し上げます。

(了)

工事概要
工事名 A邸再生工事
施工場所 山形県高畠町
施工業者 株式会社たくみ
≪クリックで拡大します≫

↑ PAGE TOP