豊かな文化社会を築く

株式会社たくみ

お問い合わせ先
TEL:023-633-1551
FAX:023-641-6247

一関市指定有形文化財 武家住宅旧沼田家復元工事

沼田家屋敷の沿革
江戸時代中期以降の建築と考察されており、一関藩田村氏家中沼田家の屋敷である。
表口を入ると玄関に導かれる。主家は屋根の棟線を道路に対して直交して配した直ご家形式で、南面して建つ。
主家の間取りは、道路近くに台所、土間、そして遠い位置に正座敷を置いている。
この家では、導入口に当たる建物の出入口が、即ち玄関の位置が比較的台所口に近い下手の位置に設けられている。そのためか上手の正座敷と玄関(旧式台)との距離間隔が通常の武家屋敷のそれよりも大きいのがこの建物の特徴になっている。
また、主屋の上、下の関係についても通例の武家屋敷の配置とは逆になっているのも注目されるところである。(文・東北大学名誉教授佐藤巧先生レポ-トより抜粋)

全景 正面 入口より内部
右側「みせ」 左側「おかみ」
工事概要
工事名 一関市指定有形文化財
武家住宅旧沼田家復元工事
施工場所 岩手県一関市大手町
施工業者 株式会社たくみ

↑ PAGE TOP